おおみや市民吹奏楽団 Omiya Wind Symphony

おおみや市吹とは

基本情報

指揮・インストラクター

パート紹介

足あと(軌跡)

指揮者紹介

終身名誉音楽監督
秋山紀夫
Mr.NorioAkiyama

旧大宮市生まれ。武蔵野音楽大学卒業後、東京藝術大学へ内地留学。又、アメリカのイーストマン音楽大学へ留学。この間、大宮市立桜木中学校、県立大宮工業高等学校の吹奏楽部を指導し、全日本吹奏楽コンクール出場へと導いた。埼玉県吹奏楽連盟理事長、関東吹奏楽連盟副理事長、全日本吹奏楽連盟副理事長、日本吹奏楽指導者協会会長を歴任。武蔵野音楽大学講師、ソニー吹奏楽団常任指揮者を長年務めた。
1992年12月、アメリカミッドウェスト・インターナショナル・バンド・クリニック委員会より世界の吹奏楽指導者を対象とした第1回世界吹奏楽賞を与えられる。1995年7月、世界吹奏楽指導者協会総会において3人目の名誉会員に選ばれる。また1998年には大宮市文化賞、2013年下総皖一音楽賞、2014年旭日双光章を受賞し、長年にわたる功績をたたえられた。(社)日本吹奏楽指導者協会名誉会長、アジア・パシフィック吹奏楽指導者協会名誉会長、WASBE(世界吹奏楽協会)名誉会員、アメリカ・バンドマスターズ・アソシエーション名誉会員、(社)全日本吹奏楽連盟名誉会員、浜松市音楽文化名誉顧問、現埼玉県吹奏楽連盟会長。またアマチュアバンドの客演指揮者、バンドクリニックの講師として後進の育成にあたっている。さいたま市在住。

インストラクター紹介

フルート
神田寿男
Mr.ToshioKand

県立浦和高校、武蔵野音楽大学(フルート専攻)卒。県立高校音楽教師のかたわら、自己のリサイタル、アマチュア団体への参加・助言、県内中学・高校の吹奏楽出張コーチ等を行い、現在はフリー。イイノホール新人演奏会、NHK・FM午後のリサイタル出演。さいたま市在住。

オーボエ
坪水真美

埼玉県出身。東京ミュージック&メディアアーツ尚美専門コース及び音楽芸術表現コース卒業。同校ディプロマコース修了。オーボエを似鳥健彦、広田智之の各氏に師事。室内楽を太田茂、中川良平、服部真理子の各氏に師事。オーケストラを磯部省吾、植村理一、横島勝人の各氏に師事。2001年浜松国際管楽器アカデミー受講。宮本文昭氏に師事。現在、尚美学園オーケストラ研究員。木管アンサンブルクラルテメンバー。オーボエ講師として活動中。

常任副指揮者・クラリネット
青柳 和弘
Mr.KzuhiroAoyagi

埼玉県杉戸町生まれ。中学でクラリネットをはじめ、杉戸高校を経て1988年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科に入学。クラリネットを山本正治氏に師事。秋山紀夫氏の管楽指導法を受講。卒業後県東部の中学、高校に勤務した後、国立音楽院にてピアノ調律を学ぶ。現在、彰華学園総合専門学校教員。日本吹奏楽指導者協会(JBA)会員。

クラリネット
秋山かえで
KaedeAkiyama

13歳よりクラリネットを始める。東京芸術大学音楽学部付属高校より同大学音学大学器楽科を経て、同大学院修了。クラリネットを大橋幸夫、三島勝輔、村井裕児の各氏に師事。大学在学中、芸大オケとコープランドの協奏曲を共演。また、1990年2月赤坂御所にて御前演奏を行う。東京佼成ウィンドオーケストラ等、多方面で活躍中。さいたま市在住。

サクスフォン
宮崎 真一

1970年東京生まれ。国立音楽大学卒業。東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。第1回、第2回アドルフ・サックス国際コンクールや第51回ジュネーヴ国際コンクールに参加し、積極的に研鑽を積む。石渡悠史、下地啓二、雲井雅人の各氏にサクソフォンを、村田健司氏(声楽)に呼吸法を師事。現在、茨城県立取手松陽高校音楽科非常勤講師(サクソフォン)、石森管楽器講師(クラシックサクソフォン)、ヤマハ講師。サクソフォンカルテット トラクシオン・アヴァン主宰。千葉市在住。

トラムペット
織田 準一

1952年高松市生まれ。1977年東京芸術大学音楽学部卒業。トランペットを北村源三、椿弘の各氏に師事。芸大入学と同時に上野の森ブラスアンサンブルを結成し現在に至る。上野の森ブラスでは国内外でのコンサートを始め、CDの発売、TV、FM放送の出演など精力的活動をしている。またバロックトランペット奏者としてソロの活動も行う。常葉学園短大講師。現在、バンドジャーナル誌にて金管アンサンブルのワンポイント・レッスンを連載中。さいたま市在住。

トラムペット
斉藤秀範
Mr.HidenoriSaito

埼玉県出身。伊奈学園総合高校、東京芸術大学を卒業。オーケストラをはじめ、室内楽、スタジオワーク、古楽と、幅広く展開中。  特に古楽の分野では、バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして、'06年ヨーロッパ・グランド・ツアー(スペイン・イタリア・ドイツ・オランダ・イギリス、5カ国10公演)に参加するなど、様々な古楽演奏団体において演奏、レコーディングに多数参加している。 MUSIC PLAYERSおかわり団団員。

ユーフォニアム
荒木玉緒
Mr.TamaoAraki

静岡に生まれる。私立信愛学園音楽科(現 浜松学芸高校)を経て、1989年玉川大学文学部芸術学科を卒業。第6回ハーヴィ・フィリップス記念コンクール1位受賞(88年)、日本管打楽器コンクール3位受賞(92年、95年)他の賞歴を持つ。これまでにユーフォニアムを後藤文男、三浦徹、大石清、S.ミード、故L.マルドナドの各氏に師事。現在、ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ代表およびプリンシパル(首席)ユーフォニアム奏者、ユーフォニアム・カムパニー メンバー。日本ユーフォニアム・チューバ協会(JETA)理事。

チューバ
荻野 晋

1963年東京生まれ。東京芸大卒。在学中チューバを大石清氏に師事。卒業後ミュンヘンにてロバート・トゥッチ、トーマス・ウォルシュの両氏に師事。第6回日本管打楽器コンクール第1位入賞。新星日本交響楽団に入団し、2001年4月の合併により現在東京フィルハーモニー管弦楽団団員。ユーフォニアム・チューバ四重奏団「カーニヴァル」メンバー。尚美学園大学非常勤講師。アフィニス文化財団海外研修員として1年間シカゴにてジーン・ポコーン、レックス・マーティンの両氏にも師事。これまでに、安行弘行、小倉利文、小倉貞行、アーノルド・ジェイコブス、デーヴィッド・グリッデンの各氏にも師事。

パーカッション
藤井むつこ

東京芸大卒。「マリンバデュオ」全曲委嘱によるリサイタル6回、その他デュオ初演曲は40曲を超える。多数のオーケストラとの共演のほか、NHKFM、総合テレビ、教育テレビ、西日本放送テレビへの出演など幅広く活動、オリジナル作品を現代音楽展、国立劇場にて初演。藤井むつ子パーカッショングループ主宰、洗足学園大学講師、全日本幼児教育連盟副理事長、日本打楽器協会員。

TOP

OCCBとは

Concert

Schedule

Project

daninbosyu

Link

Toiawase

memberonly